ふだん使いの食器やリネン、可愛くて時短調理に便利なキッチン雑貨など、ママ必見の食卓情報です。

Top > Topics > 食べること > 異素材

Cuisine 食べること

14.09.24

  • 白い洋食器と茶の和食器の間に布を挟む

異素材


みなさんのお家には、「ハレ」の日のための食器や、来客用の食器はありますか? 欧米と比べて、決して広くない日本のお家事情ですから、そんなに沢山の食器を揃えられないかもしれませんね。

そこで提案したいのが、「異素材」使い。ふだん使いの食器でも、アイデア次第で晴れやかなテーブルづくりができます。たとえば、ちょっとフォーマルな食卓にしたい時、いつもは一枚で使う白いお皿を飾り皿にします。その上に、和食器を重ねるだけで和モダンな雰囲気に。ただし、必ず布を挟んで。布という「異素材」が、和と洋を上手に調和してくれます。

「異素材」は、布ばかりではありません。楽しい絵柄の紙ナプキンや、大きな葉っぱも楽しいですね。大きさも、スープカップなどに合わせるならコースターサイズで十分。身近にある、ふだん使っているアイテムを組み合わせるだけで、テーブルがグンと華やぎます。

 

 

〈掲載商品について〉
一部の店舗では取り扱いのない場合がございます。
商品改良などの理由によって、デザイン・仕様・価格・発売開始を予告なく変更する場合がございます。
お使いのディスプレイの設定により、実際の商品と多少異なって見えることがございます。
サイズ単位の表記がないものは、すべてミリ(mm)で掲載しております。
※売切れの際はご了承ください。